食品に、なくてはならない添加物、見つめ直そう、その良さを
一般の方の入り口 学校関係者の入り口 協会会員の入り口 トップページへ English
 
新規協会会員募集
食品添加物を知ろう
アイスクリーム 豆腐 炭酸飲料
長もちする   おいしくする   安全性

3

安全性の確かめ方

1 2 3 4 5 6 7 8
動物を使って、科学的な試験がおこなわれます。
その食品添加物が安全か、どうかということは、
やっぱり具体的に確かめなくてはわかりません。
そこで、ちょっとかわいそうだけど、ラットやマウスなど、
人間と同じほ乳動物を使って、じっさいに試しています。
もちろん、いろんな試験があるんだよ。
たとえば、いっぺんに多くの量を食べさせてみるとか、
ずーっと食べさせたらどうなるかとか...こんな動物実験をつうじて、
これなら安全という量がしっかりわかります。
このほか、がんになったりしないか、
生まれてくる赤ちゃんに悪くないかなども、
動物を使ってきびしくチェックします。
つまり、食品添加物は、今食べている人たちにも、
そして、つぎの世代の子供たちにもまったく影響がないように、
こまかく試験されているっていうわけ。
テンカちゃんが安全だってことは十分に確かめられているんです。

さまざまの動物実験をつうじて、
テンカちゃんの安全性が確認されます。


●安全性を確認するための主な試験

一般毒性試験 28日間反復投与毒性試験 実験動物に28日間繰り返し与えて生じる毒性を調べる
90日間反復投与毒性試験 実験動物に90日間以上繰り返し与えて生じる毒性を調べる
1年間反復投与毒性試験 実験動物に一年以上の長期間にわたって与えて生じる毒性を調べる
特殊毒性試験 繁殖試験 実験動物に二世代にわたって与え、生殖機能や新生児の生育におよぼす影響を調べる
催奇形性試験 実験動物の妊娠中の母体に与え、胎児の発生、生育におよぼす影響を調べる
発がん性試験 実験動物にほぼ一生涯にわたって与え、発がん性の有無を調べる
抗原性試験 実験動物でアレルギーの有無を調べる
変異原性試験
(発がん性試験の予備試験)
細胞の遺伝子や染色体への影響を調べる


【 次へ | よくわかる食品添加物 | TOP PAGE 】

Copyright (C) 2007 Japan Food Additives Association. All Right Reserved.

日本食品添加物協会